【7つの目的】 人生の目的は何か



ある程度この世界で生きていると、一度は考えた事があるこの疑問

“何故自分は生きているのか”



お金のため?

欲求を満たすため?

ただなんとなく?



目の前で起こっている物事全てに理由はあるのか

それとも身の回りにおける事象は偶然の産物なのか

ならば人間にとって”生きている意味”とは何なのか



多岐にわたる様々な分野の天才達が
すでに哲学的な答えを模索し、


彼ら先人たちが生涯を終えるまでに
多くの答えを導き出してきました。


この問いは多くの宗教の成り立ち、
そして本質的な領域に触れるものです。


この記事では

“人間は何故生きているのか”

“人生における目的とは何なのか”



という人間にとって重大なテーマについて


これまでの先人達の考え方を紹介しながら
深掘りしていきます。


(*注 表題故に宗教的内容が多く散見されますが、
本記事に宗教布教的な目的は全くありません)

人生の目的は何か

1. 人生の目的は「幸福」を手にする事にある

人生の目的とは「幸福」を手にする事にある

「幸福」はここでは無い何処かに在るものではなく
勝ち取るものでもなく
稼ぐものでも消費するものでも無い

「幸福」とは
生活において1秒毎に我が身に起こる事柄を
愛、神の恩寵、そして感謝を持って
経験する事にある

– Denis Waitley  
(American best consultant and writer)




明らかな結論として、
人生の目的の最終地点にあるべきものとして
即座に頭に浮かぶのは「幸せ」でしょう。



著名な哲学書では頻繁に「幸福」を
最上に価値のあるものとして定義しています。




そしてこの思想はダライ・ラマのような
ブッダの教えにおける本流そのものです。



しかしながら残念な事に、
多くの人々は正確に「幸福」を知りません。



そして、それが故に幸せを見つけ難く、
どのように幸せになるのか、その方法を知り得ず、
人生の意味を計りかねるのです。



故に
どのようにして幸せを見つける事ができるのか
そしてそれは貴方の人生の目的として相応しい幸せであるのか



答えを知る為、貴方は自分自身にとって「最も大きな幸せ」とは何であるのか
自身の心に耳を傾け続ける勇気と努力
が必要となります。



その幸せが何であるのか
鮮明なイメージを導き出す事ができれば
「大いなる疑問」は立ち所に姿を消していくでしょう。


2. 人生の目的は「遺産を残す」事にある

全ての実りある男女は
次世代を”最良の場所”へと
導く事の出来る「遺産」を残す義務を抱えている

– Jim Rohn
(American entrepreneur and motivational speaker)



今の世の中のような超競争社会に生きる私たちにとって、
遺産を残す事はよく、
暗黙的に最も価値がある事として取り上げられます。



ここでの「遺産」とは何も
金銭の事を指しているのではありません。
貴方がこの世の中で
他者のためにする行いのことを指しています。



人は生まれてから死ぬまでに
様々な選択を行います。



その選択の結果として、貴方がとる行動が
他者の笑顔を1つでも多く作りだす
こと
ができたのであれば



これらの遺産は壮大なスケールで無くても全く良いのです。



ソフトバンクを立ち上げた孫正義さんの様な
凄まじいビジネス帝国を作りあげ
数え切れないほどたくさんの人々に影響を及ぼす
人間になる必要も無ければ



メジャーリーグで素晴らしい活躍をし
日本中の人々に誇りに思われる
イチロー選手の様なアスリートに
なる必要もありません。



確かに壮大な遺産を残すことで、貴方がこの世を去った後
人々が貴方を思い出すきっかけとなる事は間違い無いでしょう。



しかしそれは家族を持つことから初めたり
周囲の人々に奉公することでも実現することは可能なのです。



そして貴方が今生きている場所・世界を去り
ほんの少しだけ、より良い地点に向かい歩き出すこと

成せることでもあるのです。

3. 人生の目的は「他者を愛する」事にある

自分自身を愛するだけではなく、他者を愛する事
究極的にはそれらを隔てる壁はないのである

– M.Scott Peck
(American psychiatrist and best-selling writer)



全ての著名な哲学者や宗教において
「愛の重要性」について語らないものはありません。



愛は人間を取り囲む苦しみや、
繋がりなどの関係性を時間や文化を超えて和らげる
仲介者になり得るものです。


私たちが無条件に他者を愛する時
私たちを取り巻く環境は自然と安定し
実りある場所になり得ます。




さらにその視点から見える世界は
より温もりを感じ
より生産性の高いものに見えるでしょう。



愛とは生態系に取り込まれた
本能から感じられるものであり



故に科学的理解の追いつかない
人知を超えた領域にあると
書物では頻繁に描写されます。



与えられたくば
自らが与える必要があるのです。



4. 人生の目的は「あなたの存在意義」を創造する事にある

人生自体には意味がない

何故なら私たち人間各々が意味を持ち
人生に意味を与えているのだから

あなたが創り出すべきものに、意味を問う事は時間の無駄だ

– Joseph Campbell
(American profeesor of Literature as Sarah Lawrence College)


ドイツの哲学者であり、実存哲学の先駆者であるニーチェ(Nietzsche)は
100年の時を超えて「神の死」を提唱してきました。



科学の発達とともに
私たちは宗派の主流より分岐した世界中に広がる宗教が
劇的に衰退の一途を辿っていることを目撃し
現代では様々な姿形を変えてきています。



一方で
宗教とは無縁の実存主義、及び人間至上主義の2つの哲学が
比較的人気となってきています。



こういった抽象的思想は、人間より高い位にある存在から
与えられる物に意味はなく、私たち自ら作り出す何かに意味があると提唱しています。



故に人生の目的は実存主義の哲学的思考によると
与えられるのを待つのではなく、誰かに答えを尋ねるのではなく、
貴方自身で作り出し、これを実現することにある
のです。

5. 人生の目的は「肯定的な違い」を生み出す事にある

一日一日を他者と異なる人生にするよう心掛けなさい

– Doe Zantamata
(Author and book writter)



肯定的違いを作り出すことは聞き慣れており
目的との関連性を想像することは難しいかも知れません。



しかしながら現実的なレベルで何かしら努力をするとき
その報酬は目に見える形で現れます。



重ねてになりますが
この努力は壮大なものである必要はありません



現代のSNSや人気となっている文化では
有名人のような強い影響力にこそ
追い求める価値があると思い込みがちですが



真実はとても小さな”肯定的な前進”こそ
個人にとって実りある報酬となり得るのです。

6. 人生の目的は「多くを経験」する事にある

これから20年先の未来で
貴方は成し遂げたことではなく
自分がして来なかったことに心を貶められるだろう

– Mark Twain
(American writer, humorist, entrepreneur and lecture)



私たちが人生の目的を見つけることができる他の方法は
内容の濃い数多の経験を、その身にさせる事にあるでしょう。



人生が一度きりしかない前提で話をする場合
この目的は特定の”かたち”であるべきなのです。



故に意味は私たちの五感を通して感じられる
経験によってのみ構築されると考えること
ができます。



旅や娯楽、愛や人間関係、美味しい食べ物や斬新な経験の数々
これらが私たちが経験すべきことなのでしょう。



こういった経験は
全ての人間が平等なレベルで経験できるものではありません。



しかし後悔なくこの世を去っていく人は
必ず自らの手でこれらのチャンスを勝ち取ってきたことも
揺るがない事実なのです。



後書き



ここまで読んで頂いてありがとうございました。

私たち人間はお母さんのお腹より生まれたその瞬間から
少しずつ歳をとります。

はいはいで動き回るようになり
やがて自分の足で立ち歩きできるようになり
日々様々な事象に触れ、喜び、怒り、哀しみ、楽しみ
その全てを享受・体験し最後には誰もが等しく死んで生きます。

私たち人類はこの自然世界で生き残るために
自身を取り巻く環境に対し理論的に考え
分析を行い、行動するように進化を遂げてきました。

故に
あらゆる物事に”なぜ?”という疑問を抱くのです。
この思想こそが自然世界でホモ・サピエンスを
食物連鎖の頂点に押し上げた理由です。

“人は何故生きているのか”
数学的・絶対的根拠をもつ答えは残念ながらありません。

何故ならそれは貴方が決めるものだからです。
言い方を変えれば、
全ては貴方にとって貴方の思考こそが絶対的な答えとなるからです。

この人間にとって究極の問に対し
一度しか来ない一瞬一瞬を生き
貴方にしかない目的を創造する事こそ
心に留意しておく必要があるのではないでしょうか。

生きづらい現代社会の中で、
自分のこれまでの生き方に対して疑問を感じている全ての方に。
本記事が何かしらの手助けとなれば幸いです。






人気記事【初学者必見】効率的なプログラミング勉強方法を紹介します










このエントリーをはてなブックマークに追加


data-ad-format="rectangle" data-ad-format="rectangle"

コメントを残す